1. HOME
  2. 情報
  3. 輪島
  4. 「能登のアマメハギ」がユネスコ世界無形遺産 (2018年11月29日)に登録されました。

 

本サイトは、『輪島たび色サイト』と連携しながら
一般社団法人 輪島ビジネスラボ(ビジネス名『わじらぼ』)が発信しています。

輪島女子旅インスタグラム▼

 


「能登のアマメハギ」がユネスコ世界無形遺産 (2018年11月29日)に登録されました。

「能登のアマメハギ」

石川県の輪島市や鳳珠郡能登町に伝わる伝統行事

「アマメ」とは能登の方言で、囲炉裏や火鉢に長くあたっているとできる火だこ(温熱性紅斑)のことを差し、それをはぎ取るという意味から「アマメハギ」と呼ばれています。

2018年11月29日に「アマメハギ」、「男鹿のナマハゲ」(秋田県男鹿市)や「宮古島のパーントゥ」(沖縄県宮古島市)などを含めた8県の10の行事からなる「来訪神 仮面・仮装の神々」として、ユネスコの無形文化遺産に認定されました。