インバウンド(訪日外国人)向けWebプロモーションの必要性

訪日外国人をターゲットにするなら、情報発信も可能な限り早い段階で「多言語」対応が必要!
検索エンジンで『インバウンド(訪日外国人)向けWebプロモーションの必要性』と検索されたサイトを参照してまとめてみました。

2016年に年間訪日外国人数は前年比2割増の2400万人を突破しました。世界全体で見ると、日本観光客数が22位とまだ伸びる余地があります.
日本は訪日外国人数を東京オリンピックが行われる2020年には2倍の年間4000万人を目標として動いています。
外国人の旅行消費額も8兆円消費を目指しており、観光業が今後日本の一大産業になることは間違いないでしょうか!
勿論2020年がゴールではなく、それ以降も訪日外国人は増え続けていくと考え、政府目標は2030年で6000万人と上方修正しました。
旅行プランを考える個人旅行者の割合は増えており、3分の2はインターネットを情報源としており、今後計画立案時へのWebでのアプローチが重要になります。
2020年まで2,000万人を目標を掲げている背景と、訪日外国人のニーズを考慮すると、可能な限り早い段階で「多言語」対応を実施するべきではないでしょうか!

SNSの口コミの重要性
訪日外国人 日本への旅行計画を立てる際、多くの人がインターネットを活用します。
その中でも、知人・友人がSNSで発信している情報は信頼性が高く、重視される傾向にあります。
実は、多くの国や文化では、日本より「口コミ」が重視されるのです。

関連記事

  1. SNS講習会の実施内容例です

  2. ビジネスにエクセルVBAの活用をご提案します。

  3. Googleマイビジネスの新機能『投稿』について

  4. httpsとは ご存知ですか?

  5. ホームページ更新を外部委託していたが自分で更新したい

  6. WordPress活用