SNS講習会の実施内容例です


あくまでSNS講習カリキュラム例です。
内容は、ご相談しながら決めていきます。
講習会は 1時間 1人1,800円~ 3名以上
個人教室は、1時間 4,000円~


『スマホで出来ること!』(今の情報発信方法を知る)
①スマホの基本知識
②スマホの活用(日常アプリ)
③Googleマイビジネスの登録
④Googleストリートビュー活用
⑤スマホの活用(SNS紹介)
⑥LINEとLINE@のビジネス活用事例
⑦FacebookとFacebookページのビジネス活用事例
⑧スマホ対応のホームページ(Webサイト)とは
⑨スマホでホームページ更新
⑩スマホで情報発信・集客へ
⑪ホームページとSNSの連携の必要性
⑫商店間でのSNSの連携(シェア・フォローー)必要性
⑬商店街の活性化

目的:ネット閲覧が、スマホ、タブレットで50%を超えるネット社会で、スマホでの情報発信ツールの種類を知り、スマホのアプリを活用して、お店の集客の増大を目指す方法を探る。


『ビジネスにSNS活用 基礎編』(最新情報をリアルタイムに発信)
①Facebook 、ライン、ツイッター、インスタグラムってなに?
②SNS活用事例(フリーメール活用)
③SNS登録方法
④SNS登録後のプライバシー・セキュリティ設定の必要性
⑤Facebookの個人アカウント作成方法
⑥Facebookの個人アカウントプライバシー設定方法
⑥友達申請・投稿・いいね!方法
⑦LINE登録方法(登録時の注意点)
⑧LINE登録後のライバシー・セキュリティ設定方法
⑨LINEグループの作成方法
⑩その他のSNS登録方法

目的:SNSの登録方法等を理解した上で、講習実施ご実際にお店方々がSNS登録してビジネス活用の準備を図る。


『ビジネスにSNS活用 ビジネス編』(最新情報をリアルタイムに発信)
①FacebookとFacebookページ違いとページの活用
②Facebookページ作成方法
③Facebookページプライバシー・セキュリティ設定方法
④Facebookページの拡散とはとその方法
⑤商店街間連携(シェア!いいね!連携)方法
⑥LINEグループビジネス活用
⑦LINE@の作成方法
⑧LINE@のビジネス活用方法
⑨ホームページにFacebook・LINE@埋込方法
⑩その他のSNSをビジネス活用方法

目的:ビジネスのSNS活用として、活用率の高いFacebookページの作成方法を学習し、ページの商店間連携についても学ぶ。さらに、LINE@を取り入れたお客様交流ツールの作成方法と活用方法を学び。実際ビジネスにつながるように各店舗で構築できるようにする。

 

関連記事

  1. 2020年小学校プログラミング教育必修化

  2. 360°カメラで撮影 3

  3. インバウンド(訪日外国人)向けWebプロモーションの必要性

  4. CPUの性能

  5. LINEのトークで翻訳・通訳する方法

  6. スマホ完全対応レスポンシブとはどういう意味ですか?