ハードディスク(補助記憶装置)の自己診断機能

今お使いの あなたのハードディスク大丈夫ですか?
「S.M.A.R.T.」ハードディスク(補助記憶装置)の自己診断機能を活用してください。

代表的なソフトウェアとして「CrystalDiskInfo」があり、劣化をカウントしていって許容量を超えるとエラーとして表示します。累計使用時間、電源投入回数、現在の温度等も知ることができます。

見て意味がわかる数値としては、「生の値」です。その「生の値」を元に「現在値」が計算され、「現在値」が徐々に減っていき「しきい値」を下回るとエラーとなります。

本日のお客様のS.M.A.R.Tエラーとしては、「代替処理済のセクタ数」がしきい値を下回ったことが原因でした。

現在値でなく、一番右の「生の値」に注目して下さい。
代替処理保留中のセクタ数、代替処理済のセクタ数の生の値が短期間で増えていくようなら、セクタがだんだんと壊れていっているという意味なので重要なデータのバックアップを取っておくか、HDDの交換を検討する必要があります。

回復不可能セクタ数が0以上になるようなら、壊れたセクタが多すぎて、代替セクタで対処できないほど被害が広がっているという意味なのでできるだけ早くHDDの交換を行ってください。

あなたのハードディスクも一度チェックしてみましょう!
窓の杜 CrystalDiskInfo をご活用ください。

お問い合わせ等は能登輪島ネットまで

 

関連記事

  1. ご自分でドメイン取得・ホームページ更新方法の講習希望

  2. 予約システム導入

  3. 360°カメラで撮影 2

  4. CMSとは?(目的にあったCMS選択が重要です)

  5. 輪島情報発信連携倶楽部への参加者募集中です

  6. Google マップについて