オリジナルGoogleマップ作成

Google Map を使えばブログ記事に簡単に地図を埋め込むことができます。
➀Googleマップ オリジナル共有と②GoogleMapsAPIを活用した場合とを比較してみました。

Googleマップオリジナル共有
 プラグイン等を使用せず地図を載せる場合は、Google Map で目的地を決めて「埋め込みコード(iframe)」をコピペすれば OK です。
埋め込みコードは、「共有」ボタンから取得できます。

「地図を埋め込む」を選択するとこのようにコードが表示されるので、コピーして投稿画面に貼りつけます。


GoogleMapsAPIを活用
GoogleAPIsを活用すると 地図をアレンジ表示できます。
(少しすっきりとした表示になる)

さらに、地図のアクセス分析も可能になります。

実際活用したサイトはこちら http://notowajima.jp/net/map2/

今回は、Google Maps APIについて説明しておりません
公式サイトをご覧ください  https://developers.google.com/maps/

ただ、➀のオリジナルの Google Map には「出発地から目的地へのルートを表示できる」というメリットがあります。

➀と② 利用サイトによって選択してください。

 

関連記事

  1. お店のビジネスにSNS活用!

  2. 今更きけない HTML・SNSについて

  3. ネット通販の現状:スマホに対応したショップ構築が大切です

  4. 「+メッセージ」アプリ

  5. 2020年小学校プログラミング教育必修化

  6. スマホ完全対応レスポンシブとはどういう意味ですか?