【Facebook基礎知識】Facebookアカウント(私用利用目的)とFacebookページ(商用利用可能)の違いについて

Facebook個人アカウントとFacebookページ(ビジネスアカウント)の違いについて

個人アカウント

・実名で登録
・5000人まで友達申請可能
・ページ作成可能に
・Facebookに登録している人しか閲覧できない
・インサイト機能なし
・Facebook広告は使用不可

企業アカウント

・企業名、サービス、店舗、商品名、ブログ名で登録
・友達申請はできず、「いいね!」を押してくれた人は、「フォロー」となり、フォロワーの数は無制限。
・Facebookをしていない人も閲覧可能
・インサイト機能あり(アクセス数がわかる)
・Facebook広告が利用可能


Facebook個人アカウント(個人ページ)

Facebook利用にはフェイスブックの利用規約があります。

1. Facebookを利用できる方(利用規約抜粋)
・利用者の責任ある発言や行動が、より安全で責任あるコミュニティづくりにつながります。そのため利用者は、次の事項を守る必要があります。
・利用者が日常的に使用する氏名と同じ氏名を使用すること。
・ご自身に関する正確な情報を提供すること。
・(ご自身の)アカウントを1つだけ作成すること、また私的利用を目的としてタイムラインを利用すること。
・自分のパスワードを共有したり、自分のFacebookアカウントに他人をアクセスさせたり、または自分のアカウントを(弊社の許可なく)他人に譲渡しないこと。

『個人アカウントを1つだけ作成すること、また私的利用を目的としてタイムラインを利用すること』ということは

個人ページ(個人アカウント)のタイムラインでは、「商用利用禁止」なのです。お仕事のお話を発信したい場合は、フェイスブックページ(ビジネスアカウント)を用意して発信をされたほうが安心ではないかと思います。ビジネスの情報を発信したい場合は、「貴店のフェイスブックページのシェア」という形で情報を発信する方法はあります。


Facebookのフェイスブックページ(ビジネスアカウント)

そして、営利目的でしっかりとした発信をしたい場合は「フェイスブックページ」を使うとよいと利用規約でうたわれているように、FBページは安心してお仕事の情報をダイレクトに発信いただける場となっています。

Faacebookページの作成方法は!

ご自身の個人アカウントでフェイスブックにログインをして、自分の個人アカウントと紐づける形で、ページを作成していただくのがおすすめ。

Facebookページの作成の不明点等がありましたらお問い合わせください。