CMSとは?(目的にあったCMS選択が重要です)

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、Webサイトを管理・更新できるシステムのことをいいます。CMSは、通常のサイト更新よりも手軽に更新ができるため、Web構築技術がなかったりWeb担当者がいなかったりする企業でも、事業のスピードに合わせて、ホームページをスピーディかつ低コストで更新していけることがメリットになります。

CMS 世界のシェア一覧 2017.5月時点
https://w3techs.com/technologies/overview/content_management/all  より抜粋


シェア1位のWordPressはオープンソースです。ライセンス使用料などがなく、誰もが自由に利用できるのが特徴です。WixやJimdo程シンプルではありませんが、WixやJimdoにあるような制約が無いところが何よりも大きな魅力としていますが、操作にスキルや知識を必要とし一般的にワードプレスは上級者向けとみなされています。

CMS選択する前に、自社ホームページの目的がどのCMSにあうかどうか再確認しておきましょう。
効率的にCMSを検討するために、「機能」「サポート」「移行」というポイントをおさえつつ、「SEO対策」「デザイン性」「速度対策」なども含めて考慮する必要があります。
特に、デザインを優先しすぎて、SEO対策がおろそかになってしまうケースの事例があり、一旦選択すると他のCMSへの移行が難しかったりしまので、最初のCMSの選択が重要になってきます。

『能登輪島ネット』は導入時の無料ご相談・ご質問に対応いたします。

さらにCMSはソフトウェアですので、導入後のサポート体制は必須です。導入時点で問題がなくても、導入してみるといろいろと課題が出てくるのは普通のことです。また、CMSもMicrosoftのOfficeのように次々と新しいバージョンが出ますので、その都度動作検証をする必要があります。Wordpressなどライセンスが無料のオープンソースCMSの場合は、基本的に公式サポートはありません。導入後のサポート体制を確立しておくとこも大切です。

『能登輪島ネット』は導入後のサポート体制(サポート業者紹介等)が確立できるように、無料ご相談・ご質問に対応します。

関連記事

  1. ハードディスク(補助記憶装置)の自己診断機能

  2. サーバをレンタルして情報発信しませんか

  3. WordPress アプリの活用

  4. 情報発信(SNS)について

  5. Bootstrapでサイト構築してみました

  6. ホームページとSNSの連携