会計処理IT化

弥生会計18について

弥生会計18スタンダードのインストール・操作方法の講習を依頼されました。
(商工会議所で簿記講座の講師を行っている関係もあり依頼がきました。)

インストール

インストールについてはネット上でマニュアルがPDFになっています。
(インストール完了までの途中の作業も図で説明あり)

取引入力について

ご自分に合った記帳方法が選べました。
特に会計処理初心者の方には簡単取引入力が用意されています

仕訳アドバイザー機能あり

勘定科目等がわからないとき、仕訳アドバイザーで仕訳例などを教えてくれます。

消費税処理について

売上・仕入取引を伝票入力できます(入金・出金・振替の3伝票制でした。)

既定の設定で 内税・外税の区別、課税・非課税の区別は設定できますが、個別の取引入力で変更可能でした。

スマート取引取込機能

①領収書やレシートを自動仕訳機能

②カード・銀行明細データ自動仕訳機能

 

日々の入力が簡単がいちばん

今回 入力までの説明でしたが、日々の入力ができていれば後は集計ボタンを押すだけです。

最終的には、確定申告書の作成もサポート。青色も白色も、申告用書類を作成してくれます。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 輪島情報発信連携倶楽部への参加者募集中です

  2. 「+メッセージ」アプリ

  3. インバウンド(訪日外国人)向けWebプロモーションの必要性

  4. ビジネスにエクセルVBAの活用をご提案します。

  5. Google マイビジネス『ブランドアカウント』

  6. Bootstrapでサイト構築してみました